スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.04.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アメリカの米の関税率

最近、「TPPってどうですか?」なんて話しを久々に振られた。

なんかここ数年冬場になると何度も同じような話しが出ては消え…と言った気がしないでもない。
また、これから何度もそんな話しをする機会が増えるのかなぁ〜。。。

ところで、
「『TPPで日本の農業を元気に!!』、『TPPで農産物輸出をして日本農業再生!!』という事で、TPPに賛成する農家がいる」と言うお話し。

輸出するのはいいと思うし、どんどんやればいいと思うんですけど、農産物輸出ってTPPに参加しないとダメですか?

例えば、自分に直接関係あるお米。そして、TPPで名前が出ているアメリカを例に取ると、

◆アメリカの関税
 玄米・短粒種 2.1 セント/kg
 精米・短粒種 1.4 セント/kg


こんな感じみたいです。
1kgあたり約2円。米農家が理解しやすい60kg(1俵)だと120円。

一方、国産米の相場は60kgあたり13,000円前後なので、アメリカの米に対する関税率って1%にも満たないわけです。

そうなると、
別にTPPに参加しなくても1%程度の関税なら輸出できません?

1%程度の関税なのに、なぜ今は農家は輸出してないの?

TPPに参加してこの1%がなくなったら、急に輸出が増やせるの?

なんて思うわけです。

こんなこと書くと、(関税が低いのに輸出しないって)日本の農家はバカでアホで、やる気がないから輸出なんてしないんだ、って思ってるのか?って言われるのかもしれません。

でも、そうじゃないんです。

もし仮に売れるなら農家がやらなくても商社が大々的に海外輸出をやっているはずです。
もちろん今でも多少やってますが、そんな微々たるレベルではなく、日本の農業が元気になるぐらいの規模でやっているはずです。

それすらなく、なんで輸出できない(輸出が少ない)かと言えば、
関税以前に、国内での生産コストが海外の市場価格とあわなかったり、そもそも日本米に対するマーケットがそんなに大きくないなど、関税とは別の問題があるんだと思うんです。

だとすれば、TPPに参加することが直接日本の農産物輸出を増やすきっかけにはならないと思うんですけど、違うんですかね?

アメリカ以外の国や米以外の品目で、今はべらぼうに関税率が高いので、TPPに参加したら絶対に輸出が増える、それで日本農業が強くなる、っていう農産物があるんでしょうか?

あればぜひ、教えて下さい。

追記:
誤解があると困るのですが、(日本の農業を救うほどの規模になるかはともかくとして)個人的に農産物輸出に可能性がないとは思ってません。

ただ、中国が安い農産物を輸出するのとわけが違い、日本のコスト高や品質を考えると高付加価値戦略になると思っています。
その場合、関税の有無以上に、むしろ販売戦略(マーケティングや広告・ブランディング)が重要になってくると思っています。

つまり、販売戦略の確立などTPP参加の有無とは関係なくやるべき重要なことがあるわけで、TPPに参加したから関税が下がって売れると言うものではないと思っています。

スポンサーサイト

  • 2014.04.09 Wednesday
  • -
  • 00:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/01/15 7:36 PM
T.Kさんはじめまして。
おそらく現在、日本からアメリカに輸出されているお米は、日本で精米・パッキングまでしたものをコンテナで輸送しているんだと思います。
アメリカから大量に輸入することになれば、バラ積みで入ってくるので輸送コストは大幅に下がるんじゃないでしょうか。

ただ、カリフォルニア産のアメリカ国内価格が6.8kg30ドルだと、5kg換算でも2千円移譲するんですね。

日本への輸送費含まずすでに日本国内の国産米の小売価格と同等かそれ以上ですね。
輸送コストや非関税障壁以前に、米の原価自体がつりあってないようにも思えるんで、日本に輸出できるんですかね?
アメリカ国内ではカリフォルニア産のジャポニカ種だと6.830ドル前後で売られていて、日本産のジャポニカ種だと6.870ドル以上で売られています。
1%にも満たない関税率でカリフォルニア産の2倍以上の価格なのですから、他にコストを増大させる非関税障壁があるのか輸送のコストが大きいのでしょう。
輸送コストが価格を押し上げていると考えるとカリフォルニア産のジャポニカ種が日本に入って来た場合に関税が撤廃されても同じようにアメリカ国内価格の2倍以上になるかもしれません。
  • T.K
  • 2013/04/17 5:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM